知ってる? ー 衣食住(いしょくじゅう)|YOUはRYUGAKUSEI 留学生のための就職、アルバイトお役立ちサイト|ヒューマンリソシア

知ってる? ー 衣食住(いしょくじゅう)

日本の「着物」
(にほんの「きもの」)

日本の代表的な民族衣装である「着物」。
近年日本では洋服が一般化していますが、その美しさと日本の風土に適した実用性で
今なお、日本で愛され続けています。

着物の種類

kimono_1
≪織り≫

染色した糸で織り上げた着物です。
代表的なものには、大島紬(おおしまつむぎ)や結城紬(ゆうきつむぎ)、塩沢紬(しおざわつむぎ)などがあります。
着物の中でも一番カジュアル部類に分けられ、
友達とのショッピング、旅行、お食事など、
普段着や街着として使用されます。

kimono_3
≪小紋≫

着物全体に小さな模様を型染めしたもの、
または手書きで同じ模様を繰り返し描かれた
着物です。カジュアルなものからパーティーや
訪問時になど幅広く手軽に着られる着物です。

kimono_2
≪振袖≫

袖の長い着物を指し、未婚の若い女性が着用する
最も格式の高い着物です。華やかな色や柄のものが
多いので、成人式や結婚式の披露宴、初詣などの
晴れの場で着用されます。

kimono_6
≪留袖≫

振袖の袖を落としたものを指し、既婚女性が着用する
最も格式の高い着物です。全体が黒色のものを黒留袖、
色で染めてあるものを色留袖と言います。
黒留袖は身内の結婚式や仲人の席などに、
色留袖は友人や知人などの結婚披露宴に招かれた時に着用します。
黒留袖は既婚者のみですが、
色留袖は未婚者でも着用できます。

他にも“訪問着”や“付き下げ”など着物にはさまざまな種類があります。
着物を見る機会があったら、その着物がどのような種類か調べてみてはいかがでしょうか。

kimono_4
○浴衣

浴衣とは夏に着るラフな着物です。
元々は、室内着として湯上りに着ていましたが、
華やかな柄や素材の浴衣が広がり、夏になると
お祭りや花火大会など内外問わず着られるように
なりました。また、簡単に着付けができ、手ごろな
価格のものも多く、特に若い世代や海外の方にも人気の高い
夏の定番着物になっています。

kimono_5
○甚平

浴衣と同じく湯上りに着る夏の室内着です。
上衣と下衣に分かれていて、上衣は帯を締めず
左右の紐でとめる仕立てになっているので
誰でも簡単に着ることができます。

【監修】株式会社Top Counselings

いちらんにもどる

  • ヒューマンリソシア